自律神経の役割

はじめに神経を大別すると…

私たち人間の神経を大きく分けると

  • 中枢神経ちゅうすうしんけい
  • 末梢神経まっしょうしんけい

この2種類に分類されます。

中枢神経

  • 『脳』と『脊髄せきずい』を指します。この2種類しか中枢神経とは言いません
  • 例えば、『脳』と『脳神経』は別の神経を意味します。
  • 『〇〇神経』と言われれば末梢神経を指します。

末梢神経

  • 『体性神経』と『自律神経』に分類されます。
  • 体性神経に支配されている領域は、自分の意思で動かすことが出来ると理解してください。
  • 自律神経に支配されている領域は、自分の意思とは関係なく働き、カラダの機能を調整してくれます。

自律神経は自分の意思とは関係なく働いてくれるため、眠っている間でも呼吸や血液循環体温調節といった、生命活動の維持を目的に重要な役割を担っています。

チョットひと息

緊張で手に汗をかいたり、心臓の鼓動が早くなったりなど、多くの人がこんな経験を持っていると思います。

これは自律神経が精神的な影響を受けやすいことを示しています。

後述しますが自律神経は
交感神経こうかんしんけい副交感神経ふくこうかんしんけいに分類され、この2つが上手くバランスを取り合ってカラダを健康な状態に保ってくれています。

交感神経と副交感神経

真逆の働きをする交感神経と副交感神経

自律神経は交感神経こうかんしんけい副交感神経ふくこうかんしんけい、この2つの神経で構成されています。

交感神経と副交感神経は真逆の働きをしており、互いにバランスを取り合って体調を維持してくれています。

交感神経

交感神経は日中に活動する神経です。
いくつか交感神経の作用を例にあげると…

仕事や運動をする時に血圧を上げ、筋肉などに適度な緊張を作って活発に活動できるようにします。

暑い時にカラダを発汗させて体温を下げたり、寒い時に血管を収縮させて体内の熱を逃がさないようコントロールしてくれたりします。

不安や緊張で食事がノドを通らなくなった経験はありませんか?
これは交感神経が胃腸の働きを抑制する作用を持っているためであり、緊張のあまり交感神経が興奮しすぎたことによる現象です。

これら以外にも、私たちが意識しないところで交感神経は活動しています。

副交感神経

副交感神経は夜間に活動する神経です。

休息や睡眠をとってカラダを休ませたり、胃腸の運動を促進させてカラダにエネルギーを確保するなどの働きをします。

また眠りに入る準備のため血圧を下げたり、胃腸を動かして便意を感じさせてくれる働きもします。

まだまだ副交感神経の働きはありますが、今はこのぐらいで…

チョットひと息

学校の発表会、アルバイトや就職の面接など、緊張して手のひらに汗をかいた経験はありませんか?

手のひらや足の裏にかく汗は体温調整の汗とは異なり、精神性発汗せいしんせいはっかんと呼ばれます。

これは交感神経が緊張した時に見られる現象で、手のひら・足の裏に汗をかきやすい人は、交感神経が緊張しやすい人だと言えるかも知れません。

緊張を和らげるツボ

精神的な緊張が強いと思う人へ

毎日、精神的に緊張していると自覚している人は多いかも知れません。

そんな人は左記の図にある内関ないかんというツボを刺激してみてください。

内関ないかん緊張をほぐし、気持ちをリラックスさせる効果があります。

場所は手の内側、手首の横ジワ中央付近から指3本分ほど肘側にあがったあたりです。

手首を内側に曲げた時に出来る2本のスジの間にあります。

自律神経のバランスが乱れるとどうなる?

自律神経の正常な作用

自律神経は交感神経と副交感神経がバランスを取り合って健康を保つように働いてくれています。

  • 日中は交感神経が優位になる
  • 夜間は副交感神経が優位になる

これが正常な働きです。

逆に精神的ストレスの蓄積や生活リズムの昼夜逆転など、カラダに無理を重ねていくと自律神経はバランスを崩し、健康を維持管理出来なくなってしまいます。

自律神経はデリケートな神経です。

ストレスを上手に発散させたり、規則正しい生活を取り戻すことが、自律神経のバランスを整えていく第一歩になります。

疑問や質問がありましたら、下記よりお問い合わせください

Posted by kase-chiryouin